足腰鍛えるスクワット。体温まる足裏のエクササイズ。

足腰の強化はもちろん、ダイエット効果も期待できるスクワット

私はもう12年、つまり生きた年数の半分ほど踊り続けているのだが、いざ本番!となったときに足腰に力が入らなくて本調子を出せずに悔しい思いをすることがある。足ってのは地面にいつも接する部位だし、ここのふんばりがきかなければ全身の力もはいらないんだろうと考えていたときに、筋トレマニアの友人から「スクワットは3大エクササイズの1つで効果あるからやってみなよ」と言われた(3大エクササイズが何なのかはよく知らない)。

彼が言うには、スクワットの正しいやり方を覚えれば、足腰はもちろん、腹筋、背筋、腕まで鍛えられて1石2鳥どころではないらしい。これは興味深い!と早速試してみる。教えられた通りの形で、無理して5分間ずっと続けてみた。終わった後は歩けなくて笑えてくる。良い天気だから外出しようとウキウキしていたのに、日曜の午後をほとんど棒に振ってしまった。あぁやっと治ったと思ってスケボーにのって出かけたら、ふんばりがきかずに止まれないもんだから、結局徒歩。スケボーが荷物になってしまった。

目がさめると強めの筋肉痛。しかも全身にくる。数日続けると、足がたくましくなるより先に顔がコケはじめ、体重も2-3kgほど、あからさまに落ちてる。むむむ。足腰を鍛える効果よりもダイエット効果のほうが高そうだ。

これほどの威力のあるスクワットのやり方はというと、肩の高さでまっすぐ両腕を前にのばし、上半身が前に倒れないようにまっすぐキープすることを意識しながら、5秒で下げて、5秒で上げる。15~20回を1日3セット。ゆっくりとした運動ではあるが、やってみるとえらくしんどい。

本来の目的だった足腰のトレーニングとしても効果的だった。踊りでステップを踏む際、もうこれ以上体重をかけられないと思っていたところでふんばりがきくようになるから、動きの幅の広がりを実感できた。筋肉がついて足が太くなるのでなく、削ぎ落とされたような見た目になるので、女性にもGood。

全身のポンプの役割を果たす「足裏」

「踏ん張り」という言葉を使ったが、連想して思い出したのが「足裏」である。こちらは温泉好きの友人が、旅行で足湯をやって帰ってきた時に「足裏は全身のポンプ機能なんだよ」といってきた。なんじゃそりゃと思ったが、彼女によると足湯にはいると全身が温かくなるのは、足にやってきた血液があたたかくなり、それがそのまま全身を巡っていくかららしい。フム。

足湯でなくともエクササイズで似たような効能を得ることができる。やり方は、足をべったりと床について、5本の足指で床をじんわりと強くにぎる。これを何度か行う。このエクササイズはまず眠気覚ましとしてよく使える。人間は体温が下がるときに眠気を感じるらしいが、このエクササイズはその逆手を取って、血流をよくして体温をあげて無理くり目を覚ますという方法。

上のようなライフハック的な効果もあれば、運動のときには安定した踏み込みができるようになる。足で床をにぎるだけの気軽なエクササイズだが、さまざまな効果があっておすすめ。

スクワットと足裏のエクササイズで身体の土台をしっかりと

上に2つ挙げたエクササイズはどちらも場所を選ばずに実践できるのでぜひ一度おためしあれ。どちらも継続してできたら身体をどっしり支えられて、立ち振る舞いもずいぶん変わってくると思います。

Show All Posts