企画は主導権を握った方が楽しい

バカみたいなノリで男だけで夜中に外に集まって飲むのは最高に楽しい。思いつきで「今ヒマ?来る?」とLINEを入れて遊ぶのは手軽だし、ハプニングが起こったようなウキウキ感があってたまらない。こんなことがいつでもできるならいいのだが、例えば複数人を集めてキャンプに行くとか、旅行に行くとか、そんなことになるとなかなか難しくなってくる。

おもしろいことにめんどくさいはつきものである

旅行やキャンプを企画するとしよう。メンバーを集めて、スケジュール調整して、場所を調べて、電話して予約して料金や注意事項を聞いて、、と、正直めんどうだ。誰かやってくれないかなーなんて思っているといつの間にか熱が冷めて「やっぱり今年はキャンプ行くのやーめた」と諦めてしまう。

しばらくして「やっぱりキャンプやりたかったなぁ・・」と後悔して、またしばらくして「でもやっぱりめんどくさいなぁ・・」という思いの方が強くなってくる。

遊びでも仕事でも、おもしろいことを企画するときには必ずめんどくさいがくっついてくるものだ。

誰かに「こんなことをしたいんだよね」と話して、それに乗っかる人がいたとしても、その人が主導になってグイグイ進めてくれることなんてない。結局言い出しっぺのやりたがりの自分が主導権を持って進めて行く必要があるように思う。

企画は自分が主導権を握った方がおもしろい

上のように書くと、あたかも企画するのが悪いことのように思えるかもしれないが、自分が中心になって企画を進めると得るものが色々ある。

まず当たり前のことだが、自分の呼びたいメンバーを集めて、自分の好きな場所に行けて、ある程度好きな日程で実施できる。 「前々から行きたかったあの場所にこのメンバーで、この一番いい時期にいける!」自分の欲望が最大限に詰まっていてワクワクする。

どこかに行くとき、場所や時期を調べたり、周辺情報を調べたりする。確かに時間はかかるが知らぬ情報を仕入れることができて良い。詳しくなればなるほど、次回以降の企画も楽しくできると思えば悪くないものだ。

そして何より、遊び終えた、あるいは企画を終えた際の充実感は、ただ参加しただけの人よりも主導権を握って進めた人の方がはるかに大きいように思う。また同じように何か企画をしたいと思ったときに、すぐに自分で動き出せるというのも良い。

自主的に企画を打って進められる仲間が周りにたくさんいると、毎週のようにイベントが起こってもっと楽しくなる。

魅力的に伝える

企画を打って、メンバーを集める時に、例えそれがただの遊びだったとしても、できるだけ力をこめて魅力的に伝える必要があると思う。

例えばこの時季なら花見のお誘いを入れるだろう。 単に

  • 場所:代々木公園
  • 時間:13時から
  • 参加費:2000円

と必要な情報を伝えるだけでは、どんな花見になるかイメージできない。

もっと絵が想像できて、尻が重い人でも行きたくなるように「綺麗な桜が満開の代々木公園で花見!今週末の天気は晴天、DJも来るから音楽を爆音でかけてビール片手に歌って踊ろう!メンバーはこんな人たちが集まってるよ!」と言った具合に誘ってみると集まりも良くなりそうだ(ちょっとやりすぎか・・)。

さて、今日はバーベキューの企画を打とうっと。

おわり

Show All Posts